〈陶芸ブログ〉 薪窯火鳥

hatorit.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 02日

改造窯の試験焼き

酸化焼成 下1240℃ 上1230℃ 18時間  灯油約60ℓ
d0105560_10193014.jpg

[PR]

by hatori-tougei | 2013-09-02 10:23 | そのほか | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hatorit.exblog.jp/tb/19581714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aimons at 2013-09-03 12:30
灯油60リットル(°д°) 私は、14時間から15時間のあいだで
36リットルで足りてるかな〜。多分・・
窯の大きさにも差があるんでしょうけど〜。
そんなに使うんだと・・

灯油の窯・・まだまだ言う事聞いてくれません(苦笑)
Commented by hatori-tougei at 2013-09-03 21:48
そちらの窯の方が容量は、少し大きいですね。
こちらのは昔の電気窯なので、炉躄が20センチと厚いのです。
壁が厚いほど温度は上がりにくいようです。
バーナーの能力の3割程度しか出していないので上げようとすれば、
もっと短時間で上げることができますが、芯まで焼くには18時間は
必要なのです。
この次には薄い還元か中性炎で焼いてみます。


<< 第51回楽焼き焼成      コーエツくん >>