〈陶芸ブログ〉 薪窯火鳥

hatorit.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 07日

木の葉天目に挑戦

椋の葉を拾いに柿田川公園に行った。
ここ柿田川湧水は、富士山に降った雨や雪が地下を通り、
三島市に忽然と湧き出し、川になって狩野川に注ぐ、名水です。

まだ、ちょっと早すぎたようです。
緑の葉っぱが、がんばって木にしがみついていたが、
欅はほとんど落ちていたので、拾ってきた。
d0105560_0154236.jpg

[PR]

by hatori-tougei | 2007-12-07 00:10 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hatorit.exblog.jp/tb/6693447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sannougama at 2007-12-11 22:34 x
まだまだ、緑色の葉が沢山あるのに驚き!こちらは茶色でカサカサ。
ヤッパリ静岡は暖かいようですね。 我が家の鵜骨鶏もようやく卵をうむようになりました。
ところで、はやと瓜のところに大久保さんと書いてありましたが?義治さんのことですか?
Commented by hatori-tougei at 2007-12-11 23:06
sannougamaさん、烏骨鶏の卵は21日で孵りますが、春になってから抱かせたほうが、安産です。
 大久保義治さんです。まだ備前焼、焼いてるかなあ・・・1週間以上も焚くので、たいへんでした。
Commented at 2007-12-14 00:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hatori-tougei at 2007-12-14 13:43
笠間で備前焼は、きびしいですね、エドさんは元気で登り窯を焚いているかな?あの窯は、ぼくがあげたレンガも一部含まれています。


<< 第9回 年の瀬をティーパーティ...      手作りカンナ >>