〈陶芸ブログ〉 薪窯火鳥

hatorit.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 28日

第2回目の窯焚き

第2回目の窯焚き。
朝6時点火。
300℃まで大口から、5時間半。
750度まで焚き口から、12時間半、ここまで廃材で。
バーナーと交代、2時間、950度。もやで脇挿し開始。
1000℃まで16時間、
今回は、還元焼成を試みたが、1050℃までに3時間、1150度まで5時間、
バーナーと交代して、一休み、2時間。
1050℃からやりなおし。
バカ穴を閉めて酸化に切り替える。
4時間半、上下1200℃。
色見を取り出す。
上下ともに充分解けている。
午後1時半終了、
31時間半。d0105560_10144863.jpgd0105560_10215855.jpg
d0105560_1023579.jpg

[PR]

# by hatori-tougei | 2007-02-28 22:04 | 薪窯 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 16日

萩茶碗

初窯の本命。

大道土に金峯土を3割混ぜて
井戸茶碗をつくった。

長石釉をかけてサヤにつめた。

酸化ぎみにやけば、ビワ色が出るかも?

と、何度試したことか、・・・
d0105560_2330729.jpg
d0105560_23302672.jpg

[PR]

# by hatori-tougei | 2007-02-16 23:33 | Trackback(1) | Comments(4)
2007年 02月 16日

わらべ地蔵

d0105560_22344863.jpg

大原三千院のわらべ地蔵
いつごろ作られたのか、
あどけない表情に魅かれる。
真似て作ってみた。
原型をつくり、石膏で型どりして、
初窯で、焼しめた。

d0105560_22351091.jpg

薪窯で焼くお地蔵さん1日講座(信楽の土で自分だけのお地蔵さんをつくります。)
薪で焼き締める、贅沢な仕上がりが楽しめます。
講師 近藤立身(hatori-tougei)
教室 新静岡センター7F
3/21(水・祝)13:30~15:30
3/25(日)   13:30~15:30
〇受講料:¥2,625 〇教材費(粘土1㎏,焼成費)¥3,150
お問い合わせは tel.054-251-4141 朝日テレビカルチャーまで。
[PR]

# by hatori-tougei | 2007-02-16 22:38 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 16日

木の葉天目茶碗

d0105560_12543061.jpg
d0105560_12533427.jpg
木の葉天目茶碗に挑戦。

正月に柿田川公園にいった。
そこで見つけた椋の木、
葉っぱは朽ちかけていたが、拾ってきた。

急いで平茶碗をつくり、初窯にいれた。

素焼きをしたら、葉っぱは半分以下、
くしゃみひとつでなくなった。
何枚か残った灰を釉掛けした茶碗に移し、
サヤに詰めて窯にいれた。

焼きあがった、木の葉天目茶碗、
うっすらと、木の葉の影が、

この次は・・・d0105560_12583044.jpgd0105560_20411813.jpg
[PR]

# by hatori-tougei | 2007-02-16 13:02 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 15日

初窯

d0105560_2312437.jpgなんでも初めては緊張。

午後2時、大口に点火。
6時、400℃、灯油バーナーと交代。
ホースのつなぎから、油漏れ、中止。
翌日午前6時大口に点火。
大口から廃材で8時間炙り、上700℃、下600℃。
ホースの修理。
焚き口を狭くして、長いもやで3時間、上800℃、下700℃。
灯油バーナーと交代。
いっぷく、夕飯。1時間半、850℃。
木っ端のもやで脇挿し開始。
7時、バーナーを外し、焚き口を閉める。
10時、1100℃上下同じ。小割に変える。
11時半、天上部1100℃、下,1140℃。上下逆転。
午前3時、下1240℃。上1180℃。下の色見を取り出す。少しあまい。
4時半、上下ともに1200℃。上の色見を引き出す。充分溶けているが、
5時半まで維持、
d0105560_2247189.jpg
終了。
d0105560_23301330.jpg

[PR]

# by hatori-tougei | 2007-02-15 23:13 | 薪窯 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 14日

空焚き

空焚きももったいない。

そこで、pizzaを焼いた。

朝から6時間、じょじょに600℃まで上げる。
前日、300℃までならしていたのでスムーズ。

大口を閉めて、焼成室にレンガと棚板でつくった焚き口から、薪を投入。
300~400℃に落として、プレートに載せて焼く5分。
いまいち。
そこで、直にバーレに載せて放り込む。5分。
こんどは、端っこを持ってもバリッ。

d0105560_0301879.jpg
d0105560_926113.jpg

[PR]

# by hatori-tougei | 2007-02-14 00:32 | 薪窯 | Trackback | Comments(0)