〈陶芸ブログ〉 薪窯火鳥

hatorit.exblog.jp
ブログトップ

タグ:木の葉天目茶碗 ( 6 ) タグの人気記事


2007年 12月 07日

木の葉天目に挑戦

椋の葉を拾いに柿田川公園に行った。
ここ柿田川湧水は、富士山に降った雨や雪が地下を通り、
三島市に忽然と湧き出し、川になって狩野川に注ぐ、名水です。

まだ、ちょっと早すぎたようです。
緑の葉っぱが、がんばって木にしがみついていたが、
欅はほとんど落ちていたので、拾ってきた。
d0105560_0154236.jpg

[PR]

by hatori-tougei | 2007-12-07 00:10 | Trackback | Comments(4)
2007年 10月 02日

木の葉天目茶碗(5)

d0105560_2315958.jpg
釉薬テスト焼き
灯油窯 R.F.1220℃ 24h 
[PR]

by hatori-tougei | 2007-10-02 23:16 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 03日

木の葉天目茶碗(4)

性懲りもなく挑戦
前回では珪石の分量が多すぎて、失透してしまった
今回は珪石を控え、鉄分を増やした
灯油窯 還元焼成 SK7 鞘なし(熱風で葉っぱがずれる)
d0105560_23163271.jpg

木の葉天目平茶碗
d0105560_23184436.jpg

木の葉天目酒盃
[PR]

by hatori-tougei | 2007-06-03 23:38 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 29日

木の葉天目茶碗(3)

3度目の正直という訳にはいかない
木の葉の珪酸分が溶け込まないように飴黒天目釉の熔融点を上げ、失透ぎみにしてみたが・・・(薪窯 酸化焼成 SK7 鞘詰め)
d0105560_23355343.jpg


こだわり続ける。
[PR]

by hatori-tougei | 2007-04-29 23:41 | Trackback | Comments(0)
2007年 03月 01日

木の葉柿天目茶碗

木の葉柿天目茶碗、
なんてあったかな?

前回は、葉っぱの灰が黒天目釉に溶け込んでしまった。
そこで、今回は釉に粘りを出す為、含鉄粘土を加えた。

葉っぱは残ったが、・・・・

黒マット釉にすれば、定着するかも?
d0105560_19384739.jpg
d0105560_19391713.jpg

やはり、天目釉にこだわりたい。
[PR]

by hatori-tougei | 2007-03-01 19:41 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 16日

木の葉天目茶碗

d0105560_12543061.jpg
d0105560_12533427.jpg
木の葉天目茶碗に挑戦。

正月に柿田川公園にいった。
そこで見つけた椋の木、
葉っぱは朽ちかけていたが、拾ってきた。

急いで平茶碗をつくり、初窯にいれた。

素焼きをしたら、葉っぱは半分以下、
くしゃみひとつでなくなった。
何枚か残った灰を釉掛けした茶碗に移し、
サヤに詰めて窯にいれた。

焼きあがった、木の葉天目茶碗、
うっすらと、木の葉の影が、

この次は・・・d0105560_12583044.jpgd0105560_20411813.jpg
[PR]

by hatori-tougei | 2007-02-16 13:02 | Trackback | Comments(0)